3日目は奈良へ

以前から行ってみたいと思っていた天河大弁財天社。
奈良も行きたい所は沢山あるんだけど、京都より奥まってるからついつい行きそびれていたのだけれど・・・。今回はえいっと行ってみた。行って良かった♪

京都から下市口駅まで電車で約2時間。そこからバスで約1時間。1日数本しか走ってない。お隣さんに行くのに3時間!!近そうで遠いぞ、奈良!せんとめー!あれはゆるキャラじゃないよね、キモキャラだよね。^ ^ おっと、失礼。

天河さん、正直もっと大きい神社だと思ってた。^ ^
石段登ってお参りして、石段降りたらもう終わりだったから、コケそうになった。。(^○^)
でも、とっても素敵な所だった。太陽の光が燦々と降り注いでいて、ブレッシング〜って感じ。

こんなこと言って良いのか分からないけど、サアラさんという人がいて、この人のお話も本も面白いのだけど、一時期、市杵島姫命がサアラさんの元にお金のレクチャーに来ていたそうで(この方、そういうのが分かる方なのね。)、いっちーに天河弁財天に行くっていう話をしたら、「あそこは行く必要ないわよー、あそこに来る人は心が汚い。」って言ってたらしい・・・。笑 お参りに来る人の多くはお金くれ〜って拝んでるのかもね。ま、私は行きたかったから行きましたけど〜。
ちなみに、いっちーは豪華絢爛な姿をしているそうな。。流石や。お金は嫌いな人はいないだろうけど、必要以上に持つことに罪悪感を抱いてる人とか無意識内で許可してない人って多いんだろうな。
前に、斉藤一人さんが簡単にお金稼いでる人が許せない人は自分も簡単に稼げない、みたいなことを言ってた。なるほど〜って思った。何かしら感情が湧く時(特に負の感情ね。)に注意していると、自分の価値観やビリーフが見えてくる。これからは、そういうささやかなことにも気づいていこうと思う。

天河さんのお向かいの来迎院にあるイチョウが見事すぎる!すごい存在感。
天川村をしばし散策♪ 晴天に見舞われて散歩日和。時間がゆったりと流れのどか〜。
どこもかしこも素晴らしい景色!

帰りのバスの時間まで時間があったので、少し離れたみたらい渓谷まで歩くことにした。
天河神社から天川川合のバス停まで約30~40分。そこから50分ほど歩く。
ひたすらに歩くのだけど、エメラルドグリーンの川沿いを歩くのはとても気持ちが良い。河の音を聞きながら絶景を見ながら歩いていると自然と鼻歌も出てくるってもんだ。
渓谷は本当に絶景だった。紅葉したらもっと綺麗なんだろうな。
轟音が鳴り響く中でぼ〜っとする至福のひと時。 心が洗われるようだ。ず〜っと座ってたかったけど、帰りの時間もせまっていたので仕方なく後にした。また来よう。

渓谷にすっかり気分を良くし、周りは誰もいないのでついつい気分良く歌を歌いながら帰り道を歩いていた。歌っていたのはLokah samastah sukihino bhavantuのキールタン。「生きとし生けるものすべてが幸せでありますように」おぉ〜、なんと良い歌なんだ〜♪
エンドレスで歌っていると、急に降ってわいたように足元をニョロニョロ〜っと蛇が通り過ぎた。
踏みそうになって大声でちゃったヨ。^ ^  蛇さんも一緒に歌いたかったのか、私の美声につられて現れたのか・・・。そういうことにしておきましょ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました