キールタン

ヨガ

最近、キールタンが好きすぎて毎日のように聞いています。

キールタンは音のヨガとも言われています。音による内なる旅。キールタンを歌うことで内なる神とつながります。
私たちの本来の姿は神聖で、喜びの塊のような存在。なのに、環境だったり様々な経験を通してだったり、たくさんあふれている情報によって自分らしさを失くして生きてしまっていることがあります。
女だからこうじゃないといけない、とか姉だからこうしないといけない、みたいな役割を演じてしまっていたり、両親が喜ぶからとか、世間体を気にしてしまったり、心は違う方を望んでいるのに、行動は別のことをしている。。そんなこと、ありますよね。
でも、それを続けてしまうと心が麻痺してしまって自分がどうしたいのか心が迷子になってしまいます。本当の底では知ってるんですけどね。
私も30代前半までは自分が自分でない感覚がずっとあって、何かこう着ぐるみを着ているような感覚。他人軸で生きていたんだと思います。
その頃からエネルギーワークをやったりもちろんヨガも続けていましたし、瞑想等のおかげで大分、シンプルマインドになれたように思います。
よく玉ねぎに例えられますが、たくさん付いた皮を少しずつ剥がして最終的に中心である本質の自己につながっていこうとしていますが、ヨガはその為のツールです。もちろんその他にもたくさん良いことはありますが、ヨガの最終地点がサマーディとしているのはそういうことだと思っています。

キールタンも同じように、玉ねぎの皮をはがしてくれるツールだと思います。音の浄化ですね。魂がダンスします♪
近い将来、私もキールタンを始めたいと密かに目論んでおります。。。むふふふふ。。。
始めたあかつきには、みんなで歌いましょう〜♪絶対楽しい!間違いない!(←古いですね。。)

好きな曲はたくさんありますが、最近よく聞く曲をご紹介したいと思います。

Hari OM

コメント

タイトルとURLをコピーしました